改修工事と原状回復工事の違い|それぞれ見積もり比較が需要

ウーマン

電気をコントロール

男性作業員

電気は、決して無限に湧いてくるものではありません。ここ数年は特に、それを実感した方も多いのではないでしょうか。原子力発電所がストップして電力が十分に供給できないようになると、途端に節約を余儀なくされてしまいました。このように、今では当たり前に使えている電気も、いつ使えなくなってしまうかわからないのです。また、今後原子力発電所などが少なくなってくると、電気料金が高くなっていくことも想像できます。そのため、今のうちから消費電力を抑える努力を行なっておきましょう。しかし急に電気料金を抑えろと言っても、いきなりは難しいでしょう。特に企業などの場合、どこから手をつけて良いのかわかりませんし、電力消費の中にどれだけのムダがあるかもわからない方がほとんどです。そんな時は、デマンドコントロールで電気の内訳を見ると良いでしょう。

デマンドコントロールは、施設内の消費電力量を30分間隔で測定し、そこから消費電力が高いものから電力の消費に制限をかけていくシステムです。例えば、エアコン等の空調設備の電力消費が高い場合には瞬時に察知し、合図を発信したり自動でコントロールを行なってくれます。これにより、無駄な電力を省いて省エネルギー化につなげることができるでしょう。デマンドコントロールは、装置を設置するだけで簡単に電力の流れを監視することができます。また、電力をコントロールする際には機器に負担がかからないようきちんと調整も行なってくれるので、安全性は非常に高いと考えて良いでしょう。デマンドコントロールの導入は、資源が不足し始める今後の社会情勢を見据える上でも、重要となってくるでしょう。